過払い金を請求できる人は、どんな人?

過払い金が発生する仕組み

過払い金は、本来払う必要のない利息を払い続けた場合に発生します。この利息分を元本に充てて借金を減額していき、元本がゼロになったにもかかわらず、払い続けていた場合に過払い金が発生します。この場合、債務者は貸金業者から過払い金を取り戻すことができます。 契約内容によって異なるので一概にはいえませんが、消費者金融やカード会社との取引が5年を超えている場合には、過払い金が発生している可能性が高いといえます。7年を超えている場合にはほぼ発生しているといってもよいでしょう。 過払い金は最終取引日から10年で消滅時効にかかってしまいます。上記に当てはまる人は、弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。取引期間が長ければ長いほど、想定外の過払い金を回収できるかもしれませんよ。

過払い金の返還は弁護士や司法書士に依頼しよう

過払い金が発生していれば、その分を取り返すことができます。 自分で手続をすることも出来ますが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。 弁護士や司法書士は依頼を受けると、貸金業者に依頼を受けた旨を通知します。貸金業者はこの通知を受けると、債務者に直接、督促や取り立てをすることができなくなります。しかも、後の手続は弁護士や司法書士が進めてくれるので、依頼した時点で、ひとまず借金問題で頭を悩ますことから解放されるでしょう。その後、弁護士や司法書士は、貸金業者と交渉を重ねていき、上手く話がまとまれば、和解案に基づいて過払い金を回収できます。まとまらなければ裁判になりますが、その裁判で勝訴すれば過払い金を回収できます。