過払い金に時効があるってホント?

過払い金請求は早めに

テレビCMを見ていますと、消費者金融に支払いすぎた金利は、早く取り戻そうといったような内容が多くあります。ですが、この過払い金の請求は早くしませんと、せっかく戻ってくるはずのお金も、戻ってこなくなっちゃうんです。 民法には、債権を持っていたとしても、10年間使わない状態が続いてしまいますと、その債権が消滅してしまいます。債権が消滅する事で、消費者金融に過払い金請求が出来なくなってしまうんです。この消滅時効は、知らないままいつか請求しようと思っていますと、せっかくの過払い金も請求できなくなってしまいます。ですので、過払い金があるからといって、そのままにしておくのではなく、気付いたら出来る限り早く請求をするようにしましょう。

いつから10年の計算が始まるのか

ですが、一体いつから10年のカウントダウンがはじまるのか、実際には良く解らないですよね。それは、最後に返済をした日から10年という風に決まっています。ですので、過払い金は、今支払っている借金の過払い金だけではなく、過去に支払いをして、もうすでに完済している借金に対しても、時効さえ成立していなければ、過払い金の請求をする事が出来るんです。 もしかしたら、昔支払った借金の過払い金が戻ってくるかもしれないと思ったら、消滅時効が来る前に、出来る限り早い段階で弁護士に相談をするようにしましょう。そうすれば、あの時に沢山支払った金利が戻ってきますので、少しはまとまったお金を手に入れることが出来ますよ。知識をきちんとつけて、過払い金の請求は時効に気を付けましょう。